バイオガス発電(Biogas power generation)
    
フォトヴォルト・デヴェロップメント・パートナーズ・ゲーエムベーハー
バイオガス発電の特徴
バイオガス発電の仕組み

バイオガス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、下水道・汚水などの有機ゴミを発酵させて可燃性のバイオガス(メタン、二酸化炭素など)を取り出して燃焼し、発生する熱を利用して蒸気でタービンを回す仕組みです。ガスを作ったバイオ燃料の残り(消化液)は、雑草種子や病原菌が含まれない安全な肥料として二次利用できます。
私たちが取り組む再生エネルギー事業 5つのテーマ
@地元への貢献度
地元で合同会社を設立(雇用、税金), 更に港湾、運送、保守点検事業社等多岐にわたります。
A裾野の広さ
海外との交流が生まれ、地元観光地のPR、特産物等の輸出促進。
B自然への優しさ
CO2の削減、最新設備よる消音、事業排水なし、材料が乾燥ペレットを使用、臭いもほとんどしません。
C設備の安全性
天然ガスを作る過程に於いて火を使わない為、導入、維持、保全コストも低く安全面も向上します。
D20年後の未来を見据えて
より低いコストで地域へ供給、今後 電気自動車や、水素自動車に変わっていき、燃料となる水素も作れます。
結果=電気、ガス、水素の供給社会に対応できる、バイオガスシステムが最適だと判断しました。
環境先進国ドイツのフォトヴォルト社のもと、日本各地で事業を推進、候補地を募集しております。
募集用地(事業候補地)
@3,000t以上の船が入る港に面する3ha以上の、土地+バイオガス可能な地域。
A3,000t以上の船が入る港に面する1ha以上の、倉庫建設可能な土地+近くに15ha以上の土地。
B海、港に面しシーバース等設置可能な場所+15ha以上の土地。
C燃料となる材料を20年間以上供給できる地域で、3ha以上の土地。
※材料の目安(3haで約月5,000t)(15haで約月20,000t)

【関連企業】 ・PVDP(ドイツ) ・シンエイテクノ ・ETERNITY BASE ・太洋不動産(株)
サイト利用について ・プライバシーポリシー
〒519-0506 三重県伊勢市小俣町湯田54番地3
TEL 0596-29-5885 FAX 0596-64-8777